FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月8日  お泊りツー 2日目。    この日も、いいお天気です



ホテルは朝食付きだったので、こちらで朝ご飯を頂きます。

ホテル③  ホテル④
  


食事前に出発準備はできていたので、すぐに宿泊した愛南町のホテルを出発します。
あらっ、こんな看板と外観だったのね。。。  夕べは、真っ暗でお屋敷みたいに見えたけど・・

ホテル朝①  ホテル朝②

まわりの景色も、なんだかのどかでゆっくり時間が過ぎていく土地のように感じます。

ホテル朝③





さて、今日も走りますよ~~~~~

今日は、こんな感じで走って家に戻ります。




今日の目的は・・・・・

☆ 宿毛の道の駅で ”苺氷 ”を食べる。
☆ 何といっても ”足摺 ”。  サニーロードを走る!
☆ 四万十川沿いを走って、沈下橋を見る。
☆ 道の駅スタンプゲット! 



あと、予定にはなかったが、ホテルでいろいろとパンフレットを見ながら、
愛南町の西の半島(?)ここ にも行ってみようか。。という事に

地図 - コピー







まずは、ちょっと戻って、 『道の駅 みしょう』 でスタンプゲット

みしょう


そして、急遽行く事になった半島を一周します
こちらも海沿いの気持ちいい道を走り、『石垣の里 外泊』 という所へ。

石垣の里① 荘内半島地図

幕末の頃から、台風や季節風から家や暮らしを守るため、軒に達するほどの石垣が積み上げられた所のよう。
「日本の美しいむら農林水産大臣賞」や「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」
(財)古都保存財団の「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれた集落だって。

石垣の里②

石垣の里③


すごいね~~。 なんて言いながら眺め、そして出発
快適な道を走っていると思ったら、だんだんと道が細く、枯葉が・・・・・

これって・・・・・   なんだかイヤな感じ。。。

~~~~~  やっぱり。。    写真に撮った道は、まだマシな所。。。

荘内半島酷道


案の定、パートナーにはどんどん引き離され・・・・・  そんな事も忘れてしまう位、緊張。。
コケないように慎重に慎重に・・・・・   寿命が縮まるよ~~~~~   

そんな様子をパートナーは・・・・・

高い所から眺めながら撮影  あの~~~、もしもし・・・???

荘内半島⑤


やっと到着!   あ~~~、違う汗をかいたよ。。。

荘内半島⑥


でも、到着した所からの眺めは・・・ 最高~~~! (← 早くもご機嫌。。。 ) 

荘内半島②

Z も GB もご機嫌

荘内半島③

荘内半島④

この後は、海を横目に快適に走ります。

何か養殖もしているみたい。。。

荘内半島⑦

この半島、左回りに走ると、枯葉や道路を水が流れている酷道を走り、その後、素敵な海が開けてくる。
右回りに走ると、快適道路が先で、その後に酷道がやってくる。


パートナーが、

「人生山あり谷あり。 苦労した後に幸せに出会いたい人、
スカーッと晴れ晴れとした気持ちになりたい人は左回りで。」

「人生なめてるな自分。。戒めが必要。。と思う人は、快適道を走った後、酷道に出会い
 ”人生そんなに甘くない”と実感するように・・・・・」 


なんて、おもしろい事を言ってた。。。




半島を一回りして到着した所、『紫電改展示館』 と 『宇和海展望タワー』



『紫電改展示館』は・・・・・・・

昭和53年(1978年)に久良湾で発見され、引き上げられた紫電改が宇和海展望タワーのある馬瀬山山頂に恒久平和を願うシンボルとして展示されています。
紫電改はゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発され、海軍のもっとも優れた戦闘機だったと言われています。展示館内には搭乗していたと思われるパイロットの写真や、機体と一緒に引き上げられた品々も多数展示しています。この紫電改は日本に残る唯一の旧海軍戦闘機です。


 と、書いてあったよ。 なんか、思わず生唾のむ感じで、いろんな展示物を見ました。

飛行機①

飛行機②

DSCN1717.jpg


”紫電改 ” の取り扱い説明書もあって、「うわっ、すごい!」 と見入ってしまった。。。

DSCN1720.jpg

DSCN1722.jpg

DSCN1719.jpg

DSCN1718.jpg


昔の人に頭が下がるっていうのでしょうか。。。 なんとも言えない感じで展示場を出て、
すぐ上にある ”宇和海展望タワー ” へ。


タワー①


展望室がゆるやかに回りながら、地上107メートルまで上がるんだって。
頂上からは足摺宇和海国立公園のリアス式海岸と青い海、お天気が良いと九州も見下ろせるそうです。

当然、乗るでしょ!

タワー② タワー③

タワー内からの眺め。。 「九州はどこ?」 なんて言ってる間に終了。。。
上がって降りて 「6分」 って、ちょっと短くないですか??? でも、いい眺めでした

タワー④


あらあら随分と、この半島で時間を使っちゃった。。。
本日一番のメインイベント・・・宿毛から足摺に向けて走ります。。。



まだまだ、続きま~~~す 


さて、宿毛向けて走りますよ~~~~~

途中、『きびなご丼』 なる物があるという民宿に寄ろうと思っていたのですが、行き過ぎた・・
まっ、海沿いの町へ行くのだから、おいしい物はたくさんあるのだろう・・・と、
戻ることはせず、そのまま 『道の駅 すくも』 へ。  ここでスタンプを押して、
次の目的地、 『道の駅 大月』 へ向かう。

道の駅 大月


ここに着いた時点で、もうお昼過ぎている。。。 あらまっ

じゃあ、ここでお昼にしましょうか。。。 

大月①   道の駅内にあるカフェへ。

こんなメニューを発見! ”地元の漁師料理 ”???  迷わず、これ  

大月②

ブリをお醤油に漬けて、ご飯にのせてるみたい。 これで一度ご賞味。
少し残して、その上に「きしまめ茶」をかけてお茶漬けで頂く。  二度おいしい丼のよう。

大月③

大月④  ブリはプリプリでおいしかったよ

先にパートナーが、お茶漬けにして食べてみた。  なんだか反応が変。。。
「どうした?」 と聞いてみる。 「いまいち!」 とパートナー。
パートナーのお茶漬けを一口頂く。 「・・・・・・・」 

たぶん・・・ お茶が冷めていて、味がぼけているからではないだろうか。。。。
あまり美味しくない。。   なので・・・・ 私はお茶漬けにせず、そのままいだだき

パートナーさん、こんな物も注文していた 「ばんかん」っていうミカンのプリンだって。

大月⑤ お店のお姉さん、どちらの前に置くか困っていた


私はここで食べたい物が別にあったので、カフェではスイーツは注文なし!
私の食べたかった物は、これ~~~~

大月⑥  ”苺氷り ” 

凍らせた苺を氷と一緒に削ってるのかな?  不思議な食感。 ソフトもトッピングで頂きました。
おいしい~~~~~   ちなみに、パートナーもちがうアイス食べていたよ。。


お腹もはったところで、足摺向けて走りましょう~~~


海岸沿いの気持ちいい道が見えてきました。。。

サニーロード②
   


これが ”足摺 サニーロード ”  

サニーロード①

足摺の海です   遠くに赤いものが見える。。。

足摺①

 『足摺海底館』 ね   これを見たら、「足摺に来た~~~」 って感じです

足摺②

Z も満足げ

DSC00503.jpg


気持ちよく ”サニーロード ” を走り、 『道の駅 めじかの里』 でスタンプを押し、 スカイラインを走ります

めじかの里


気持ちいいコーナー・・・・と思いきや、「どこまで曲がる、このコーナー???」ってくらい
グル~~~~~っと。  頑張りました~~~

足摺スカイライン①

気分はレーサー   なんてね。  ちょっとづつは上達してるかな。。。

足摺スカイライン②


そして到着。  ”足摺岬 ”

バイクで来たよ記念  観光は何度もしてるので、スルーし、先を急ぎます

足摺③



足摺の道を堪能した後は、四万十川向けて走ります
トイレ休憩以外は、ずっとずっと走って、到着しました~~~~!   ここ!沈下橋看板  ”佐田の沈下橋 ”

沈下橋①
DSC00549.jpg

屋形船もパシャリ

屋形船

もう夕方だったけど、四万十川・・綺麗です

四万十川

四万十川と屋形船とバイク。

沈下橋②

ちょっとおもしろがって、わざわざ走ってるところも撮影

沈下橋③

こんな事して遊んでいるから遅くなっちゃう。。  
別の沈下橋は、また次の機会にね。  Zは、名残りおしそうだけど。。。

沈下橋④


沈下橋を見てから、大正町抜けるまでの道が、これまた恐怖の枯葉付き細道・・・・
途中で軽トラのおじさんが 「どうぞ。」 と道を譲ってくれたけど、
私がカメさん運転なもんだから、後ろにピッタリ。。。  よけいに緊張。。。。


なんとか酷道を通り抜け、大正町の道の駅へ着いたものの、時刻はすでに 17:30 を過ぎ閉店

またまた、恐怖の夜の道 

”久礼坂 ”(大きいカーブのある山道) も明るいと楽しい道なんだけど、夜の ”久礼坂 ” は、
「先が見えない」上に、目が見えないもんだから、「看板見えない」 「センターライン見えない」
頼りは、先を行くパートナーのライトの明かりと、対向車の明かり。

なんとか夜のクネクネを通り抜け、高速へ。。。
高速も、頼りはパートナーの明かり・・・・と思いきや、置いてかれちゃった。。。


途中ので、休憩&チケット渡し。
パートナーが何枚か写真を撮ってくれてたんだけど、私のポーズは全部コレ
肩や、お腰もモミモミ。。。  ・・・・・・・

高速


自動車道・高速、合わせて60km弱を飛ばします

この夜の高速がまた、とってもとっても恐かった。。。。。

前が見えないからヘルメットのシールドを開けて走るものの、風圧で持ってかれそうになっちゃうし、
パートナーにだいぶ引き離されたもんだから、道が見えず頼りはセンターラインの上にある反射板のみ。

もっともっととスピードを出すと、ますますシールドに風を受けてヘルメットが後ろに引っ張られる。
恐いと思ってシールドを閉じる。 閉じると、道が見えない。。。   この繰り返し・・・・・


あわわ、あわわしながらも、なんとか無事到着。

到着


盛りだくさんの初めてのお泊りツー! とっても満足、そしていろんな経験の出来た2日間でした


全走行距離

到着 走行距離


2回に渡っての長い長い私の備忘録。 最後まで目を通して下さった方、ありがとうございました



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mack0413.blog24.fc2.com/tb.php/171-52d2a0a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。